サイトメニュー

うつ病の症状の改善効果

悩む女性

認知行動療法の一つとして確立

現在、うつ病患者の数は日本人の100人に1人と言われていますが、うつ病の症状を改善する効果が期待出来る方法の一つに、ぬいぐるみ療法という方法が注目されています。ぬいぐるみ療法が一体どのような物なのかと言うと、オランダの研究機関の分析によって、ぬいぐるみが精神を落ち着かせ、癒しをもたらす効果を持つ事実が解明された事から始まった療法です。ぬいぐるみ療法は、何かに触れる事によって、癒し効果が得られると言う人間の心理を、うつ病の改善に利用した方法です。まず第一に、うつ病の要因となる孤独感や不安感などの要素を、ぬいぐるみと触れる事で解消に繋げる効果が期待出来ます。第二に、ぬいぐるみに自身の居た堪れない心の不安や寂しさを置き換え、「ぬいぐるみを抱きしめる行為=自分自身を抱きしめる行為」、つまり自身の心を抱きしめ自身が癒す事に繋がります。また、幼少期の家庭事情のトラウマが要因となり、大人になってからもうつ病の症状として現れる、アダルトチルドレンの悩み解消にも効果が期待出来ます。

ぬいぐるみ療法は、うつ病の改善を目的とした中に於ける分類としては、認知行動療法の中の一つとして確立している方法になります。ぬいぐるみ療法の仕組みは、癒し効果や自分に置き換える事によって得られる、うつ病の症状の改善と言う事になりますが、ペットセラピーと同様の効果を期待する物です。しかし、ただ闇雲にぬいぐるみに触れるだけでは、ぬいぐるみ療法の効果を得る事は難しく、きちんとした指導の下で行う事が必要となります。その為、医療機関や保険所など然るべき機関を利用し、作業療法士や行動療法士や公認心理師と言った、専門家のカウンセリングを受ける事からスタートとなります。そこから、自立支援施設への通所や医療機関への通院、自宅での療養など症状や事情に応じたポジションで、ぬいぐるみ療法を行っていく事になります。ぬいぐるみ療法は、実際にぬいぐるみに触れる以外にも、携帯電話などで写真に収めた物を眺める事でも、ある程度の効果が得られる事が研究結果として報告されています。