サイトメニュー

いったいどのようなものか

診察

仕組みや効果を知りたい

うつ病になった人には、様々な療法が開発されていますがその中でも珍しいものの一つがぬいぐるみ療法と呼ばれるものです。ぬいぐるみ療法とは、名前のとおりぬいぐるみに関する治療の仕方になります。具体的にどのようなことをするかといえば、ぬいぐるみをだっこすることやぬいぐるみに声をかけることにより精神的に落ち着きを取り戻し、うつ病を遠ざける方向にもっていきます。実際に、このやり方で多くの人がうつ病から脱出しており十分な効果があるといえるでしょう。これらの仕組みやサービスを利用するには、専門の病院に行くのが一番になります。実際にそこにぬいぐるみを持っていく必要はありませんが、いくつかある中でこのやり方を紹介してくれる可能性があります。サービス内容としては、基本的にカウンセリングが中心になるでしょう。精神科の医者は、自分の話しをするよりもうつ病の患者の話しを聞いて現在どのような心理状態かを判断します。その中で、一番妥当な方法を説明していきます。特に、女性の場合にはぬいぐるみ療法を紹介してくれることが多くなるでしょう。

ぬいぐるみ療法の効果は、すぐに出るわけではありませんが長期的に続けることにより一定の効果が生まれるとされています。具体的にどのようにしたら効果が出るかといえば、まず自分のお気に入りのぬいぐるみを所有することです。女性ならば、子供時代から持っているぬいぐるみや、大人になってからお気に入りで購入したぬいぐるみなどがあればそれを使うと良いでしょう。そのぬいぐるみを抱きしめたり、一緒に寝ることにより少しずつ自分の心を外に解き放すことができるようになります。人間だと抵抗がある人でも、どこか温かみがあるぬいぐるみならば自分の心情を吐露することができる手違いないと考えるようになるわけです。それは意識的に考えるかもしれませんが、無意識のうちに考えていることも多くなります。人間の思考の多くは無意識のうちに行われていますので、ぬいぐるみを前にして無意識のうちに自分の心を少しずつ開いていくことが多くなるでしょう。特に、ほかの人がいない場面で行うとぬいぐるみ療法も十分な効果を発揮することができます。