サイトメニュー

ぬいぐるみを使った治癒力

ハート

誰もが癒される治療

精神科・心療内科では、十分な休養をとりながら薬物療法が用いられるのですが、成人だけが発症する病気ではありません。また、様々なタイプに分けられるために、どんな人にも効果的な治療が求められていて、それが【ぬいぐるみ療法】です。リアルな話、一進一退、こうした過程がつき物で、この療法を受けたい患者も増加傾向にあります。第一に、家族や主治医だけで解決できる問題ではなく、「続けられる治療」であることが人気のようです。例えば、家族だけで完璧にサポートしてあげようとすれば、疲れきってしまうかもしれません。聞き手になるのも疲れる、かといって、本人に抱え込ませることはしたくはない、息抜きの時間は本人も家族にも必要なのです。だからこそ、そこをカバーするのがぬいぐるみ療法なのです。価値観の多様化を医療機関でも取り上げていて、生き方についての評価の仕方は個人によって異なります。薬物治療に対する過剰防衛もあるかもしれませんが、ぬいぐるみならば防衛(副作用)も不要です。睡眠障害があれば枕もとに、食欲不振であれば、知育ぬいぐるみ(人形)を用いることができます。食べさせる、調理をするなどの知育アイテムさえも活用すれば、患者自身も生活が少し楽しくなるといいます。

うつには、新型・定型・仮面型などがあり、従来のうつと非定形は精神症状も身体症状も大きく異なります。ですが、治療費は健康保険ならば3割負担で済みます。初診で2500円前後、大半は心理テストを受けるのですが、その相場は5000円前後です。ぬいぐるみ療法の場合には、ぬいぐるみも私物を用いることができるため、治療費がかからないことが評価されています。カウンセリングなどを受ける精神療法に該当するのですが、ぬいぐるみ療法はまだ一部の医療機関でしか提案されていません。確かなデータを収集するため、少しずつ治療として取り入れられ始めています。医師が口を開くより、ぬいぐるみを代替えにした方が、本人らしさが現れる研究成果も報告されています。アドバイスにより否定的な思考パターンにならない考え方、変えられる方向へと医師が薬以外の治療として用いるようになりました。これは再発防止にも役立つらしく、症状の進行具合によりますが、受容的な患者ならば、2週間から1ヶ月に1度、カウンセリングを受けるだけの費用で済むようです。手をかえ品をかえ、こうした行動に移れるのも、薬や医療機を使わないぬいぐるみ療法の評価点です。