サイトメニュー

今注目の療法

女性

ぬいぐるみを使って心を癒す方法があります

ぬいぐるみ療法とは、孤独感や不安感を緩和してくれる効果があるとされ、精神科・心療内科でも取り入れられています。ただ孤独感や不安感が継続的に続いている場合、それらを引き起こす元となる原因を排除しないと、辛い症状は無くならないかもしれません。たとえば会社の同僚や上司との人間関係が上手く行っていない場合、人間関係を良好しなくてはいけないと言うことです。またぬいぐるみがないと精神が不安定になってしまうおそれもあり、場合によってはぬいぐるみがないとパニックになってしまうこともあります。いつもバッグにぬいぐるみを入れていたけど、そのバッグを無くしてしまい、お気に入りのぬいぐるみに触れることができずに気持ちが落ち込むことも。こういったことがあるので、精神科・心療内科でぬいぐるみ療法以外の治療方法も積極的に取り入れ、早めに精神的問題を解決することが大切になります。早期に問題を解決するためには、医師に全てを頼るのではなく、「この辛い症状を無くしたい」言う考えも重要になってくると言えるのではないでしょうか。

この療法により孤独感や不安感を緩和させるには、ぬいぐるみの手や顔そして胴体などに触れると言う方法があります。これは、人は何かに触れていると精神が癒されると言われているからで、生き物でなくても効果は期待できます。抱きしめると言う行為も効果があるとされ、それはぬいぐるみを抱きしめることで自分自身を抱きしめることになり、心が癒されると理解するからです。ぬいぐるみ療法では、ぬいぐるみには、自分の言葉にできないような辛さや悲しみが投影されると考えられています。その他、「おはようやおやすみ」など言ったり日常生活の愚痴を言ってみたりするのも、精神を安定させる効果が期待できます。これらの行為は、朝起きてからや寝る前などに行われ、ぬいぐるみと一緒に寝ると言う行為をしている人も少なくないです。このぬいぐるみ療法で期待できる効果は、子供はもちろんですが、成人した大人でも効果があるとされています。また性別や職業そして国籍なども基本的に関係なく、心の悩みを持つ人に、幅広く使えるような療法となります。